過去ログ

                                Page     675
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   通常モードに戻る  ┃  INDEX  ┃  ≪前へ  │  次へ≫   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼大東亜戦争開戦の日  にっしー 11/12/8(木) 9:21
   ┗Re(1):大東亜戦争開戦の日  いのさん 11/12/8(木) 13:32
      ┗Re(2):大東亜戦争開戦の日  にっしー 11/12/9(金) 8:45
         ┗決戦前夜(^_^;)  にっしー 11/12/10(土) 8:39

 ───────────────────────────────────────
 ■題名 : 大東亜戦争開戦の日
 ■名前 : にっしー <nishi@po.synapse.ne.jp>
 ■日付 : 11/12/8(木) 9:21
 -------------------------------------------------------------------------
   おはようございます。今朝の薩摩は冷たそうな雨。目下室温17.8度。これから寒波が南下して冷え込む予報。

 今日は12月8日、真珠湾奇襲攻撃で大東亜戦争開戦した日です。
10年ほど前父母を連れてオアフ島真珠湾を訪ねたことがありました。今でも米海軍の基地で無料で施設を見学できます。まず当時のフィルムを上映して帝国海軍がいかに苛烈な攻撃を加えてアメリカの若者を殺害したかと日本人に対する敵愾心を植え付けてから、米海軍のランチで湾中央部に沈められた戦艦アリゾナに渡ります。その時の日本人は我々だけでしたが、憎々しげな目を向けるアメリカ人観光客に記念撮影のシャッターを押して貰いました。(^^ゞ

 アリゾナ艦上から四方を見渡し、遙か数千Kmの波頭を越えて帝国海軍航空機がこの地を乱舞したのかと万感胸に迫る物がありました。この戦術は当時としては斬新画期的な物であり、第二次世界大戦以降各国の軍隊が先手必勝とばかりに模倣しているのは周知です。

 開戦前の日本は米国との交渉が座礁し、朝日新聞始め国内メディアは「腰抜け軍部!米国如き何故畏れる!」といった論調で戦争を煽り、一般的世論も開戦止む無しが大勢で、国内にはどんよりとした閉塞感が漂っていたらしい。
二葉亭四迷だったか忘れましたが、当時の言論人ですら開戦の知らせを聞き暗い霧が晴れて陽光が差し込むような清々しさを感じたと述べています。
 
 今の世相は戦争反対の大前提で戦争に関する全てを断罪しようとしておりますが、開戦の日を迎えるに当たり当時の我が国と日本人の心に想いを馳せるのも大事だと思います。

 ───────────────────────────────────────  ■題名 : Re(1):大東亜戦争開戦の日  ■名前 : いのさん  ■日付 : 11/12/8(木) 13:32  -------------------------------------------------------------------------
   ▼にっしーさん:
> 今日は12月8日、真珠湾奇襲攻撃で大東亜戦争開戦した日です。
>10年ほど前父母を連れてオアフ島真珠湾を訪ねたことがありました。
私も、29歳の時にある授業で記念館を訪問したことがあります。日本は卑怯だと、いかにも思わせる作りの白黒映画をやはり見せられて、日本人として罪の意識を感じさせられたことを覚えています。
> 今の世相は戦争反対の大前提で戦争に関する全てを断罪しようとしておりますが、開戦の日を迎えるに当たり当時の我が国と日本人の心に想いを馳せるのも大事だと思います。
私も戦争には反対です。ただ、今の日本はいきすぎた贖罪意識で自虐的史観が教育をおかしくし、幼稚園のかけっこですら競争主義を排除するという、日本という特殊な環境での平和を誤って理解しているがゆえに、後進国とみなされ必死にがんばっていた先人の心を忘れているよう気がします。
決して交戦好きの民族が、だまし打ちで始めた戦争ではなく、白人優位主義そのものの思想で封じ込められ、国の利権を守るためには国民に嘘をついても良いというアメリカ政府の陰謀ではじまったことをいずれはどの世界史にも載る世の中がくることを期待しています。上記の授業では、ハワイ大学の若い経済学の先生が講師だったのですが、「アメリカは、いかなる国でもアメリカの利権をも犯す事項に対しては、徹底的に戦う国だ」と講義したことも鮮明に覚えています。

 ───────────────────────────────────────  ■題名 : Re(2):大東亜戦争開戦の日  ■名前 : にっしー <nishi@po.synapse.ne.jp>  ■日付 : 11/12/9(金) 8:45  -------------------------------------------------------------------------
   おはようございます。今朝の薩摩は曇り。室温15.5度。北風が吹き荒れてもの凄く寒いです。昨夜温泉で常連さん達との挨拶は「やっと冬が来たな!」でした。(^_^;)


▼いのさんさん:
>▼にっしーさん:
>> 今日は12月8日、真珠湾奇襲攻撃で大東亜戦争開戦した日です。
>>10年ほど前父母を連れてオアフ島真珠湾を訪ねたことがありました。
>私も、29歳の時にある授業で記念館を訪問したことがあります。日本は卑怯だと、いかにも思わせる作りの白黒映画をやはり見せられて、日本人として罪の意識を感じさせられたことを覚えています。
>> 今の世相は戦争反対の大前提で戦争に関する全てを断罪しようとしておりますが、開戦の日を迎えるに当たり当時の我が国と日本人の心に想いを馳せるのも大事だと思います。
>私も戦争には反対です。ただ、今の日本はいきすぎた贖罪意識で自虐的史観が教育をおかしくし、幼稚園のかけっこですら競争主義を排除するという、日本という特殊な環境での平和を誤って理解しているがゆえに、後進国とみなされ必死にがんばっていた先人の心を忘れているよう気がします。
>決して交戦好きの民族が、だまし打ちで始めた戦争ではなく、白人優位主義そのものの思想で封じ込められ、国の利権を守るためには国民に嘘をついても良いというアメリカ政府の陰謀ではじまったことをいずれはどの世界史にも載る世の中がくることを期待しています。上記の授業では、ハワイ大学の若い経済学の先生が講師だったのですが、「アメリカは、いかなる国でもアメリカの利権をも犯す事項に対しては、徹底的に戦う国だ」と講義したことも鮮明に覚えています。


いのさん、この板ではさしかぶい。君の言うとおりじゃっど。
戦争が好きな人間は一人もいないと思どん、人間、地域、民族そして国が異なれば軋轢が生じ些細な喧嘩や民族や国の存亡をかけた戦争は避けられない事態に陥ることも現在の歴史が示しちょっわけじゃっでね〜。
嘘をついたり他国を陥れ戦争に持ち込んでも自国の利益を守るちゆうアメリカ流のやり方が世界のスタンダードで、馬鹿正直に他者を思いやるちゆう日本流のナイーブな生き方がむしろ異端じゃったろち思う。
我が国は早くこの自虐史観から脱却して父祖から脈々と続く日本人としての誇りを
取り戻さんとすまんち思かたじゃっと。

 ───────────────────────────────────────  ■題名 : 決戦前夜(^_^;)  ■名前 : にっしー <nishi@po.synapse.ne.jp>  ■日付 : 11/12/10(土) 8:39  -------------------------------------------------------------------------
   おはようございます。今朝の薩摩は曇り。室温16.6度。非常に寒い朝です。
明日は本命レースの青島太平洋マラソンです。7月からこのためにトレーニングを積んできたつもりですが、長い距離を走ると直ぐに辛くなり心が折れて歩き出すという、結局マラソンを走りきるスタミナが付かないまま特攻するしかなさそうです。おまけに昨朝は北風の強さに震え上がってジョギングを休み、今朝は目覚まし時計をかけ忘れてジョギング出来ずと、3日連続で走られず最終的調整も滅茶苦茶なままです。_| ̄|● il||li
あれやこれや不安材料を上げたら切りがありませんが、せめて歩かず完走したいものですが・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    通常モードに戻る  ┃  INDEX  ┃  ≪前へ  │  次へ≫    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                                 Page 675