外知研活動報告 - 記事の返信

返信対象の記事

56 9月外知研

黄龍さんと布団さんの2名が新規参加、総勢10名+例によって19時からプガさん参加。新規の皆さま今後ともよろしく&いつもの皆さま毎度ありがとうございます。

今回ねこさんにお願いして遊ばせてもらった『ラ・グランハ』がサイコーに面白かったです。若干とっつき悪いところがありますが、始めてしまうとギミックの多さとそれを操る楽しさに没頭できます。適度に他プレイヤーとの絡みもあり、運の比重は多過ぎず少な過ぎず、戦略は多岐に渡る、とこれは名作。プレイ時間は120分くらいなんで同じ農場経営ゲーム『アグリコラ』より手軽でいい感じ(笑)
ただ現在入手困難なのが玉に瑕。

他に遊んだのは
・『ウゴ!』
・『デウス』
・『ラー』
・『スコットランドヤード』
他卓では
・『ルイス・クラークの足あと』
・『タケノコ』
・『カルカソンヌ』
他にも把握してないものが立卓していたような。

今回『ウゴ!』『デウス』の写真を1枚も撮ってないのが大失敗であるよ…すっかり忘れてたよ…。

10月外知研は4日、つまり再来週です。
お暇でしたら次回も是非。

57 ウゴ!

トリックテイキングゲーム、通称トリテ物。
いわゆるトランプゲームの『大富豪』『ナポレオン』みたいなシステムです。
親が出した色(スート)を出さないといけない(マストフォロー=追随しなければならないと言います)、その色を持ってなければ違う色を出せる、大きい数字を出した人がカードを全部取る、みたいな。

このゲームはカードが領土となっており、カードを取る=領土を広げるというシチュエーション。でも領土を広げても農夫が足りないとマイナス点となってしまうのが面白いところ。つまり『コロレット』同様、カードを取り過ぎるとダメなんです。トリテ物は勝つ巡・負ける巡を想定して展開させるのが面白いのですが、このゲームもちゃんとそこが味わえるようになっています。っていうか、負ける巡にかかる比重の方が重いのが普通のトリテ物と違うところ。下手に勝っちゃうとダメ、という。

カードゲームなんで手札運の比重が大きいため、4ラウンドの合計点で勝敗を決めるとなっていますが、4ラウンドやっても30分強程度で終わっちゃう軽いゲームです。それでも山あり谷ありの展開で結構盛り上がります。
トリテ物が好きならおススメです。

58 デウス

建物を建てるたびにその効果が大きくなる、そのコンボ効果を楽しむ陣取りゲーム。
陣取りの割にはソロプレイ感が強いです。特に終盤、建物のコンボが回りだすと他の人はオイテキボリっぽく…。ちょっとマップが広すぎるんじゃないのかなぁ?と。
とは言えカードゲームっぽい豪快さは楽しいです。

今回は手札を回し過ぎて惨敗。もっと建物たてないと…次回はもっと…

59 ラー

傑作競りゲー。
今回2回やりましたがどちらもボロ負け(笑)
このゲームはファラオと文明が大事なんで、そこを起点として競りが始まるものなんだけど、今回は2戦ともファラオや文明を取り損なって敗北。自分のタイミングで競りを始められるかどうかが勝利の鍵ですからね。
それとファラオが一人に集中するのは全員で防がないと。それで勝負が決まっちゃうんで。

60 スコットランドヤード

うちの中では二人用ゲーム(笑)
今回は警官5人だったのでおとなしくしようかなと思ったけど、やっぱり仕切っちゃう癖が。
今回12時間くらいのところであと1歩まで追い詰めておきながら、ダブルムーブを失念して逃げられるという失態。仕切っててこれじゃぁアカンな。

返信フォーム

*
*
*

削除フォーム

記事番号はカンマで区切って複数指定できます。

ページ移動

全件中、1件目から件目までを表示しています。

bbs/upload 1.7