所持ゲームリスト

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

■ ばたやんの所持ゲームリスト兼レポート、プレイエイド置場
■ ゲームに対する感想・持論などコメントも歓迎です
■ 「ドイツ年間ゲーム大賞」を(年)、「ドイツゲーム大賞(エッセンシュピール)」を(ゲ)と略してあります
■ 24時間以内に作成されたスレッドは NW で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UP で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
▼ファウナ Fauna(0) | ▼ドミニオン Dominion(0) | ▼ストーンエイジ Stone Age(0) | ▼チーズのお城 Burg Appenzeil(0) | ▼イスファハン Yspahan(0) | ▼アルカディアの建設 Die Baumeister von Arkadia(0) | ▼ノートルダム Nortre dame(0) | ▼大聖堂 Die Saeulen der Erde(0) | ▼テーベの東 Juneseits von Tieben(0) | ▼ズーロレット Zooloretto(0) | ▼ケイラス Caylus(0) | ▼ハチエンダ Hazienda(1) | ▼郵便馬車 Thurn und Taxis(1) | ▼ザバンドールの笏 Das Zepter von Zavandor(1) | ▼キャメロットを覆う影 Shadows over Camelot(1) | ▼ナイアガラ Niagara(0) | ▼ラージャ/マハラジャ Raja(1) | ▼サンファン San Juan(0) | ▼サンクトペテルブルグ Sankt Petersburg(1) | ▼乗車券 Ticket to Ride(0) | ▼トランスアメリカ Trans America(0) | ▼コロレット Coloretto(0) | ▼アルハンブラ Alhambra(1) | ▼クランス Clans(0) | ▼銅鍋屋 Kupferkessel Co.(0) | ▼プエルトリコ Puerto Rico(1) | ▼ニュー・エントデッカー Die Neuen Entdecker(0) | ▼ジェノバの商人 Die Handler von Genoa(1) | ▼バベル Babel(0) | ▼エボ EVO(0) | ▼カルカソンヌ Carcassonne(0) | ▼操り人形 Ohne Furcht und Adel(1) | ▼トーレス Torres(0) | ▼ラー Ra(1) | ▼ティカル Tikal(0) | ▼にわとりのしっぽ/ピヨピヨ・コッコ Zicke Zacke Huhnerkacke(0) | ▼砂漠を越えて Through the Desert(0) | ▼エルフェンランド Elfenland(1) | ▼レーベンヘルツ Lowenherz(0) | ▼ボーナンザ Bornanza(0) | ▼ミシシッピー・クイーン Mississippi Queen(1) | ▼穴掘りモグラ Maulwurf company(0) | ▼カタンの開拓 Die Siedler von Catan(0) | ▼テイク・イット・イージー Take It Easy!(0) | ▼6ニムト 6 nimmt!(1) | ▼マンハッタン Manhattan(0) | ▼モダン・アート Modern Art(1) | ▼ブラフ Bluff!(0) | ▼クオ・バディス? Quo Vadis?(1) | ▼マスターラビリンス Das Labyrinth der Meister(0) | ▼ドリュンター&ドルーバー Drunter & Druber(0) | ▼アラカルト a la carte(0) | ▼貴族の務め Adel Verpfichtet(0) | ▼インコグニト Inkognito(1) | ▼アンダーカバー Heimlich & Co.(0) | ▼スコットランド・ヤード Scotland Yard(0) | ▼ザーガランド Sagaland(0) | ▼キャント・ストップ Can't Stop(2) | ▼アクワイア Aquire(0) | ▼ウサギとハリネズミ Huse und Igel(3) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■97 / 親記事)  ファウナ Fauna
□投稿者/ ばたやん -(2015/04/30(Thu) 15:53:57)
    デザイナー:F. Friese
    2-6人/60分
    (年)2009・ノミネート
    (ゲ)2009・10位
    遊ぶ動物図鑑。動物の体長・体重・生息地・尻尾の長さを予想し、当たったらポイントゲットという動物クイズゲームです。
    「ただのクイズ?」と思った人、甘い。ボドゲらしく、回答ポイント駒やニアピンポイントなどボドゲっぽい回答方法が用意されています。
    まぁ結局クイズ同様、知識がある人が勝つんですけどね(笑)
    動物は全部綺麗にイラスト化してありますし、こういうゲームこそ知育玩具としてもっと世間に認知されて欲しいですね。親子で遊んでほしいゲームの一つです。


引用返信/返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■96 / 親記事)  ドミニオン Dominion
□投稿者/ ばたやん -(2015/04/30(Thu) 15:53:09)
    デザイナー:Donald X Vaccariono
    2-4人/30分
    (年)2009・大賞
    (ゲ)2009・1位
    発売と同時に世界を席巻し、デッキ構築型という新しいゲームシステムを世に送り出した名作。もはや説明も不要なくらい有名ですね。
    基本デッキからスタートし、カードを購入してデッキを強化、ある程度の目処が立ったら勝利点カードを購入…という流れのゲームの本家。トレーディングカードゲームのようにデッキデザインする楽しみがありながら、基本セットだけでも毎回違う展開で遊べてしまうので、トレーディングカードゲームより遥かに安価という良いこと尽くめのゲームです。
    拡張セットも沢山出てますが、基本セットだけでも充分遊べます。
    慣れれば20分程度で1試合終わるので軽く遊ぶのにももってこい。
    ただし、うち的には2人プレイ推奨です。後手プレイヤーに救済策が全く無いため、4番手が確実に死にます。それ以外にも魔女セットで5-2スタートが複数居たら4-3スタートの人が死ぬとか、4人プレイは運ゲー度がハンパ無くつまらないんですわ。

引用返信/返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■95 / 親記事)  ストーンエイジ Stone Age
□投稿者/ ばたやん -(2015/04/30(Thu) 15:52:22)
    デザイナー:M. Tummelhofer
    2−4人/90分
    (年)2008・ノミネート
    (ゲ)2008・2位
    『ケイラス』を筆頭とする“ワーカープレイスメントアクションシステム(通称ワカプレ)”のゲーム。プレイヤーは石器時代の部族の長として、一族を養い村を発展させていきます。
    基本的にワーカーを配置して資源を得て、その資源で建築したり文化カードを獲得したり、とオーソドックスなシチュエーション&システムですが、勝利点獲得方法がいくつか用意されており、その分岐で多くの戦略が楽しめるようになっています。
    ただ「ワーカー1個につきダイス1個 ÷ 獲得効率」という資源獲得方法であるため、出目が悪いと戦略が破綻するという問題も。ある程度出目が悪いことも織り込んで計画することが必要かな?
    ダイスの問題以外はバランス良くまとまったシステムなので、ワカプレ好きならやり込みたくなるはず。

引用返信/返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■94 / 親記事)  チーズのお城 Burg Appenzeil
□投稿者/ ばたやん -(2015/04/30(Thu) 15:51:33)
    デザイナー:B. Weber & J. P. Schliemann
    2-4人/45分
    (年)2007・子供賞
    プレイヤーはネズミとなって、お城の天井を駆け抜けチーズを探します。先に3種類のチーズをゲットしたプレイヤーの勝ち。
    システムはトランプゲームの神経衰弱で、同じチーズマーク2か所の上に自分のネズミ駒を置くとチーズをゲット、というもの。
    ところがこの天井マップ、『マスターラビリンス』のように差し込み移動でどんどん配置が変わっていくのです。んでもって、ネズミ駒がいる所に穴が来ると落っこちてしまい、そのネズミ駒は使用できなくなっちゃいます。
    攻撃的です。『マスターラビリンス』より遥かに攻撃的なパズル対戦なのです。年間ゲーム大賞子供賞受賞となっていますが、大人がガチでやると子供泣くんじゃないかしらん?(笑)
    行動ポイントシステムなので小学校低学年には難しいかもしれませんし、小学校高学年になるともっと複雑なゲームが好まれるような気がします。子供賞としてはどうなのかな?って気がしますね。
    でも、実は大人が遊んでも面白いのです。記憶力とパズル、穴を使った攻撃とやり応えは充分。ビジュアル的にも見栄えが良いし、知育玩具としては中々の逸品だと思います。

1600×1200 => 250×187

bursappenzell.JPG
/412KB
引用返信/返信



■記事リスト / ▲上のスレッド
■93 / 親記事)  イスファハン Yspahan
□投稿者/ ばたやん -(2015/04/30(Thu) 15:50:00)
    デザイナー:S. Pauchon
    3-4人/75分
    (年)2007・ノミネート
    (ゲ)2007・4位
    プレイヤーは砂漠の商人となって商店街に自分の店を出し、商業区画を独占していきます。
    ちょっと変わったダイスの使い方をするゲーム。ダイスは出目毎にまとめられ、それぞれが商品に割り当てられます。例えば出目1はラクダなのですが、出目1のダイスが3個あったらラクダが3頭というわけです。
    で、プレイヤーが順番にダイスの組=商品を取っていくというアクションになります。このゲームでは、ラクダ・金以外の商品は「その商店を自分のものにする」ということなので、例えば箪笥のダイス組を取ったプレイヤーは、箪笥区画の(取ったダイス数の)商店を押さえることになります。こうして商業区画を独占することで得点していきます。
    またラクダ・金を支払い特殊な建物を建設することで展開を有利にするという行動もできますし、キャラバンに積荷を送って商業区画とは別の得点を狙うこともできます。
    色々選択肢がありそうですが、ルールはシンプルで説明にはさほど手間はかかりません。手番の行動もすぐに終わるので待たされる時間も無く、テンポよくゲームは進んでいきます。
    ダイスゲームなので少々の運要素は入りますが、ダイス運よりも他プレイヤーとの駆け引きの方が重要です。

1600×1200 => 250×187

yspahan.JPG
/390KB
引用返信/返信






Mode/  Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -