プロフィール
ばたやん 
画像
鹿児島県
鹿児島市
A型
http://3rd.geocities.jp/rombrozo2/

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ
■- 新着記事
■- boadgames(21)
■- media(1)
■- event(3)
■- other(6)
■- Walking War Robots
■- 憂国の大戦2

記事の書庫
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年01月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月

2014年06月 [最初]  ||   [1] 2 3 4 5   ||  [最後]
モンゴル。 カテゴリ:boadgames 投稿日:06月30日(月) 19:17
昨日はスペインを使ったのでモンゴルを試すのはまた次の機会、ということでモンゴルについて考察。  モンゴルの能力は「攻撃して戦闘に勝利した場合、略奪点+1」。……
覚書URL:
コメント:4件

6月外知研終了 カテゴリ:event 投稿日:06月29日(日) 22:58
意外と参加者が多く、そしてうちが提示しなくても立卓できそうだ…よし、ならば『シヴィライゼーション:ボードゲーム』卓に参加しても問題無さそうだな!(笑)  ってなわけで昼からのシヴィ卓に参加。……
覚書URL:
コメント:3件

プレイエイドできた カテゴリ:boadgames 投稿日:06月28日(土) 22:11
『シヴィライゼーション:ボードゲーム』プレイエイドできました。 今回はルールを説明するのではなく、全体の流れと、知っておくと便利なことをまとめる形を狙ってみました。 裏面には4つの勝利条件と、それを目指すための政治体制/社会政策/技術ピラミッドを。もちろん文明によって修正は必要ですが。……

イギリス。 カテゴリ:boadgames 投稿日:06月27日(金) 22:51
雨の中仕事中、上の空でシヴィライゼーションの(略  イギリスの文明能力は「軍隊も、開拓隊のように輸送できる」。……
覚書URL:
コメント:0件

雨の中仕事はヤダって カテゴリ:boadgames 投稿日:06月26日(木) 23:34
とりあえず雨にうたれながら、インド@CivBGについて考察しておりました。  香を無視すれば最初から5商業点を生み出す首都ってだけでもいけそうな気がする。でも第2都市で資源算出マスを確保できるかどうかってところが生命線、となるとちょっとギャンブル性が高い。そこは開拓隊を資源算出マスへ送ることでなんとかする。【灌漑】研究した後なら14商業点は堅い。そこからの民主主義で合理主義を回して技術基盤を固めてからの封建制→【教育】で技術的勝利か。……
覚書URL:
コメント:2件

ちょっと疑問に思ったこと@CivBG カテゴリ:boadgames 投稿日:06月25日(水) 21:01
1) ドイツが【兵站学】を研究したら三兵種を1枚ずつ貰える? 普通に考えたら「No」だけど………
覚書URL:
コメント:3件

届いた カテゴリ:boadgames 投稿日:06月23日(月) 19:21
配送センターで行方不明になってから再発送となっていた『シヴィライゼーション:ボードゲーム拡張2 叡智と闘争』が届きました。まぁ急いでたわけじゃないしこちらの懐が痛むわけでもない、物は娯楽用具なのでこちらもノンビリ待つことにしたわけですが、人によっては五月蠅く騒ぎそうな一件でしたな。これがレア物で紛失したら次回入荷が何時になるかわからないって場合ならうちでも文句言ったかもしらん。ま、ともあれ無事に届いて何より。  さてローマ文明考察も終わったし…ということで、先日から仕事の合間にアステカとモンゴルについて考察を開始。「エーちゃんノート」ではないがA6ノートに考察をメモしつつ。……
覚書URL:
コメント:2件


Weblog©Copyright ChamaNet