境目のない海

なまえ(必須)
メールアドレス
タイトル
本文(必須)  〔 画像の添付と削除
パスワード(必須:4〜8文字)     なまえ等を保存

100件中2630 (ページNo.6)      ホームページに戻る

無題 
秋太郎 8/20(月) 23:13:27 No.20180820231327 返信 削除
72,013バイト 86,304バイト
76,689バイト 84,779バイト
朝から台風対策でした。
港に行ったら大型船が中港に入ってきて台風用のロープをおもてとともに張っていた。
虹丸は昨日済んだので手伝いをした。
クロスロープを綺麗に挿してあったので教えを請うたら一段落したところでクロスロープを輪っかにする時の挿し方の講習が始まった。
自分のもクロスロープなのだが挿し方が分からないので結び目が大きくてそこがコンクリートで擦れて傷む。
クロスロープは台風の時しか使わないし、刺す機会も殆どないのだか、刺してあるとないでは全然違うし、見てて強度があるような気がする。
漁師見習いで分かったこと。
魚を捕るだけが漁師じゃない。
習得の毎日です。

台風19号がヤバそうです。
今日は湖の如く波もなく穏やかでした。
明日の波予報は7m。
とても牙をむく海には見えない。

無題 
秋太郎 8/19(日) 22:03:24 No.20180819220324 返信 削除
101,899バイト
三隣亡の後は大安吉日か?

果樹園の草刈りにかかろうとした時に漁師から電話があった。
台風前に錨を取りに行こうと。
小潮で波がなくて風がない三拍子揃ってないとなかなか揚げられないらしい。
でもそれを待ってたら台風後になるから今から行かないかとの連絡であった。
揚がっても揚がらなくても確認の必要はあったからすぐ様出港する事になった。
なんせこの漁師は錨揚げのプロで何人もの錨を揚げた事があるらしいから期待大で望んだ。
現場に到着。
ロープを手繰り寄せ巻いた。やっぱりローラーが悲鳴をあげだした。
落として巻いての繰り返しを何度か繰り返した。そして、沖に向かって走りだし、また岸に向かって走りだした。
一回転した頃に錨が外れ、ロープが浮いてきた。

何と有り難いことか、漁師が恵比寿様に見えてきた。

何て日だ 
秋太郎 8/19(日) 02:07:37 No.20180819020737 返信 削除
今日は何の日、三隣亡?

遠方より友来たる。そこは虹丸で‼てなことで最終日は釣りに連れて行く事にした。
7:00から準備。もっと言えば一昨日からエンジンを始動して点検していた。
なのにその時になってエンジンがかからない。
出港目前にして何たることか。

三人寄れば文殊の知恵ではないがひとり来て、また電気に詳しい友を呼び。
いろいろするも結局かからなかった。
原因が分からぬ事をいつまでやっていてもと思い、今日のところは景色の良い片野浦で泳いで貰うことにした。
さて、移動となった時に携帯がない事に気づく。何処に置いた?虹丸?
ブリッジとエンジンルームを探したがない。
携帯を鳴らして貰った。
「電源が入っていないか、電波の届かないところにあります」
うっそ‼今の今まで使ってたのに。
この状態で、あるとすれば海の中。船に渡る時に海に落としたか。
水中マスクをはめて覗いてみた。隅々まで見たがない…
もしかしたらエンジンルームのビルジの中?
目を凝らすと2センチぐらい溜まった油混じりのビルジの中にあった。
拾い上げて携帯をタッチすると電源が入った。
そして呼び出して貰うと呼び出し音は鳴らないがちゃんと表示した。
濡れ手で触る事が多くなるだろうと、幸いにも今月になって防水性の高い携帯に機種変更したばかりだった。
少し高い買い物ではあったが良いタイミングで変えていた。
カバーはとても油臭くて使えなかった。
片野浦に移動してボートを出して貰って喜んで貰った。持つべきものは友です。助かりました。
エンジンは、バッテリーのターミナルを全部点検して締め直したら始動した。
いつも虹丸の電気を見てくれる先輩漁師にターミナルはちゃんと接続しているかと聞かれたが、その時は確認したつもりでもちゃんとなってなかったんでしょう。
エンジンがかかって何よりでした。
その後もひとつ事件があったがバカバカしいので止めておこう。

古巣 
秋太郎 8/17(金) 22:02:56 No.20180817220256 返信 削除
55,448バイト 98,599バイト
77,383バイト
今日は友達を連れて鹿島をあんないした。
鹿島支所で北海道アンモナイト展をやってるので自分の興味で行ったのだが、2歳の子供には恐竜がどうだとか、アンモナイトとかど殆ど関係ないみたい。笑
支所の2階でやってたんだけど、その横の会議室で重要な会議をやってるということだったので次回にして帰ってきた。
鳥の巣展望台からみる藺牟田瀬戸架橋は見ない間にだいぶ進んでます。
2020何が楽しみです。
途中で中の浦の避難港で子供たちを遊ばせてきました。
玉石の海も子供達にとってはいいですね。
シーグラズ拾わせたり巻貝の貝殻を拾われたりあっという間に2時間が過ぎました。

時化ばかりです。 
秋太郎 8/15(水) 21:10:29 No.20180815211029 返信 削除
77,544バイト
今年の夏は時化ばかりです。
原因は台風の発生です。台風の発生が例年の2倍というから離島は少なからず何処も影響を受けている。
特に盆休みで帰省した人や旅行者はこの日のために諸般をやり繰りしてやって来たろうに気の毒に思う。
定期船の欠航を心配して繰り上げて帰った人もたくさんいたという。
私も鹿島のウミネコ留学生の家族を虹丸で案内する事になっていた。
西に回れば凪とは分かっていても、残念ながら3日とも手打沖を通過できず、楽しみにさせておいて気の毒な事をしたと心残りである。

昨日は長浜に初盆の線香あげに行ってきた。
今年の4月に芦浜の漁師が亡くなった。ちょうど屋久島にいたのでお悔やみにも行けず、香典を預ける事もできたが、行って弔辞を述べたかったのでご供養がある盆に行くことにした。
私より若かった。何度か我が家にも遊びに来てくれたし、私も芦浜に釣り道具を聞きに行ったことがある。
川内にいる時も釣具の買い出しに来たときに寄ってくれた事があって、人の良い奴だった。
若くて写真に収まった顔を見ると人の明日は分からないものだとつくづく思う。
健康でありたいと切に思った。
芦浜の家を出で海を見ると正面に鷹島が見えた。
何度か鷹島で会ったが毎日ここから海況を見たんだと思う。
本当にいい奴だった。


[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 .. 20 ]  次へ

Powerd by CGI RESCUE
Arranged by シナプスかんたん掲示板:画像・テキスト両対応タイプ